こんにちは。
勤務医 伴です。

冷える日が多いですが、いかがお過ごしでしょうか。

前回、歯に土台を立てる治療についてお話しいたしました。
歯の土台を立てるお話~根の治療が終わったら行う治療~
本日はその土台の上に被せる物についてお伝えできたらと思います

被せ物とは?

 

なんとなくイメージはつくかと思いますが、文字通り歯の周りを全周被せます。
歯科ではクラウンと呼びます。
実際にどのような種類があるのでしょうか?
保険内と保険外とで分けてご説明いたします。

クラウンの種類

保険診療

・銀歯
・硬質レジン前装冠
・CAD/CAM冠

保険外診療

・金歯
・セラミック
・ジルコニア
———————————–

保険診療

・銀歯

材料→金銀パラジウム合金
メリット:保険で治療できる。割れない。
デメリット:金属アレルギーの恐れがある。歯茎に金属の色がつきやすい。

・硬質レジン前装冠

金属のフレームに歯科用プラスチックを張り付けたもの
材料→歯科用プラスチックとパラジウム合金
メリット:保険で治療できる。見た目が白くできる。
デメリット:プラスチックのところが変色しやすい。歯茎に金属の色がつきやすい。

・CAD/CAM冠

歯科用プラスチックのブロックを削り出して作製したもの
材料→歯科用プラスチック
メリット:歯の色に近いため目立ちにくい。金属アレルギーがない。
デメリット:割れやすく、取れやすい。変色しやすい。

保険外診療

・金歯

材料→金合金
メリット:歯に馴染みやすい。虫歯の再発を防ぎやすい。
デメリット:金属の色が目立つ。

・オールセラミック

材料→セラミック
メリット:1番自然な歯の色を再現できる。プラークがつきにくい。
デメリット:強い衝撃で割れることがある。銀歯に比べて歯を削る量が多い。
・ジルコニア
セラミックの一種で、人工ダイヤモンドといわれるほど強い材料
材料→二酸化ジルコニウム
メリット:強度が高い。自然な歯の色を再現できる。プラークがつきにくい。
デメリット:銀歯に比べて歯を削る量が多い。

・メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたもの
材料→セラミックと金属
メリット:強度が高い。見た目が綺麗。
デメリット:セラミックの部分が強い衝撃で割れることがある。金属アレルギーの恐れがある。
このように、被せ物だけでも様々な種類がございます。さらに詳しく知りたい方は、お気軽に当院までご相談ください。