勤務医の味戸です。

みなさま、いかがお過ごしですか?

 

2022年11月の初めにインプラントをまだ経験したことない人向けのセミナーがあったので、そちらの様子をお伝えしたいと思います!

 

インプラントとは?

よく耳にしますよね。

雑誌やインターネットで多く見られる単語。では、どういうものなのか。

 

インプラントは、歯科だけではなく、整形外科などでも使われます。

人工関節などがいい例です。

まとめると、人の欠損したところを、移植などをして、補うものは全てインプラントということです。

 

では、どんな人がインプラントに向いているか?

歯を欠損した場合、3つの方法があります。

それは、

  • 義歯
  • ブリッジ
  • インプラント

です。

言葉は知っているけど、実際はどのような治療なのか、説明したいと思います。

 

義歯

義歯の歯は主にレジンできており、金属の金具を歯にかけることで、噛んだ時の負担を歯にかけます。

メリットとして、

  1. 治療期間が少ない。
  2. 治療費を抑えられる。
  3. 体に負担をかけない。
  4. 歯を大きく削らないで済む。
  5. 取り外せるものは、清掃しやすい。

デメリットとして、

  1. 違和感がとてもある。
  2. 見た目がよくない。
  3. 噛みにくい。
  4. 揺れやすい。

などが挙げられます。

向いている人は、

  1. 費用を抑えたい方
  2. 欠損した隣の歯が健全で

ある場合などです。

 

 

 

 

 

 

ブリッジ

隣の歯を削り、負担を隣の歯にかけるものです。

メリットとして、

  1. 見た目を保ちたい。
  2. 治療費を抑えたい。
  3. 噛む感覚を保ちたい。

デメリットとして、

  1. 隣の歯を削る。
  2. 清掃がしにくい。
  3. どこかに問題が生じたら、作り直さなくてはいけない。

向いている人は、

欠損した隣の歯が被せ物をしている場合などです。

 

 

 

 

 

 

インプラント

骨に、金属のボルトを打ち、そこに負担をかけるものです。

メリットとして、

  1. 噛む感覚を保ちたい。
  2. 見た目を保ちたい。
  3. 歯を削らない。

デメリットとして、

  1. 外科手術を伴う。
  2. 治療費が高額。
  3. 治療期間が長い。

向いている人は、

治療費が確保でき、隣の歯が健全である場合などです。

 

 

 

 

 

 

セミナーでは

 

本題に戻りますが、セミナーでは、模型への埋入実習や基礎知識を学びました。

講師の吉岡先生と撮影した写真です。とても丁寧に優しく教えていただきました。

 

いかがでしょうか?

向き不向きありますが、現時点では、歯がなくなった場合には、インプラントは満足できる治療と言えるでしょう。

当院では、インプラント治療できるドクターは多く在籍しています。

どのような治療なのか、迷っている方は、お気軽に聞いてください!