院長ブログ

院長紹介 予約 無料メール相談 CT完備

院長ブログ

2013/05/27
歯周病治療 医院ドクター研修会

5月26日(日)に前から継続して行なっている当院のドクターの研修会を、講師の山田先生の診療室にて行いました。

歯周病治療はお口の健康の上で非常に大切なベースとなるものであり、当院でもドクターと衛生士で患者様のお口の歯周病に対しての治療を行なっています。

ドクターが基本的な知識や技術を勉強するのはもちろんのこと、正しい知識や技術から最新のエビデンスに基づいた考え方などを身につけるのは必要だと思います。

そこで勤務医も一緒に当院でのレベルを上げていくことが、いらしていただいている患者様の為になると思っています。

今回は知識を教えていただくことと同時に、各ドクターが自分のケースを発表することで、自分の出来ている点や、足りない点をまとめるいい機会となりました。

発表している様子です。

2.jpg

今日も多くの気づきがありました。

院長の自分は25日(土)にも他の勉強会にて発表しており連日のケースプレでしたが、それぞれ気づかされることが多く、大変勉強になりました。

これからも準備は大変ですがケースをきちんとまとめて発表することを行なっていきたいと思います。


☆☆☆☆☆

2013/05/23
ホワイトニング研修会

ホワイトニング研修会

5月16日に所属している中野予防歯科研修会にて、ホワイトニングのセミナーがあり、勤務医の先生と衛生士、助手のスタッフと一緒に受講してきました。

0041.jpg

GCにて行われたのですが、綺麗なセミナー会場です。

講師はうちのグループの笠島先生とスタッフの方々と、GCから発売されているホワイトニングの開発者の山口さんの発表でした。

臨床的なやり方、注意点から、実際の臨床ケースの経過をわかり易く説明していただきました。

又、GCの方からはホワイトニング材料の特性や、他社との違い、注意点などを開発者の方から聞くことによって、よりホワイトニングのことが理解出来たと思います。

当院でもホワイトニングを行なっておりますが、スタッフと共に同じ知識を共有でき、とても有意義なセミナーだったと思います。

セミナー後には懇親会にて、更に聞けなかったことなども教えていただきました。

医院全体でこれからも知識を共有し、全員で患者さまのニーズに答えていけるよう努力していきたいと思います。


☆☆☆☆☆

2013/05/05
グローバルプログラム研修会

ゴールデンウイーク前半の4月28日29日の2日間、年間プログラムの研修コースに参加してきました。

今回の2日間の講師は前にも講義を受けている日高先生で、口腔内写真を含めたプレゼンテーションについてと、フエイスボウを使った咬合器についての内容で講義と実習を行なってきました。

口腔内写真は当院でも患者さんそれぞれの口腔内を撮らせていただき、見ていただいていますが、カメラについてや、それをどうプレゼンテーションに生かしていくのかなど、先生のこだわりなど細部にわたって色々と教えていただきました。

005a.jpg

また2日目には咬合について学びました。

我々は患者様の型をとった模型を咬合器という道具に装着して被せものを作ったり調節したりするのですが、咬合器も色々な歴史や種類があり、それぞれの特徴の中から実際に使いやすく精度の高い技工物を作れる咬合器を選び、それを使いこなせるようにならなくてはいけません。

今回はフエイスボウを使って実際に相互実習も交えて、咬合器装着を行い、取り扱いのポイントを確認しました。

045a.jpg

また、実際に患者様の被せものを作るにあたって、どんなかみ合わせがいいのかを考え、シュミレーションし、実際に使ってもらいながら最終的な被せものを作っていくというステップをきちんとふんで、結果的に長く良く使っていただけるかみ合わせを作れることになります。

その考えが咬合理論になりますが、その歴史から現時点での考え方のまとめをしていただいて、整理できたと思います。

これからここで学んだことを実践し、患者様の口腔内にとって最適なかみ合わせが出来るようにしていきたいと思います。

学びの多い2日間でした。


☆☆☆☆☆

2013/03/20
中野予防歯科研修会発表

中野予防歯科研修会発表
                                                         
3月14日にいつも参加させていただいている中野予防歯科研修会に参加してきました。                
今回は自分が発表する番でしたので、前からプレゼンを準備して当日に臨みました。

発表では歯周外科も含めてほぼ全顎にわたって治療したケースについてと、根管治療についてと修復治療についての簡単なケースをプレゼンしました。

5.jpg
                                                              
いつも思いますが、発表することも大変ですが、ケースをまとめることの方が労力がかかって大変なのですが、まずまとめる段階で治療中に気付かなかった点に気づくことがあります。

また、発表後に色々なご意見をいただくことで、更に勉強になることが多いです。    

今回も色々な治療方法や考え方を伺い、自分では気付かなかった点で参考になることがありました。                      
        
これからも自分のケースをまとめることで、評価や反省を行い、今後のより良い治療に結び付けられるよう継続して努力していきたいと思います。

☆☆☆☆☆

2013/02/11
5DJAPAN 研修会

2月9日10日と2日間、年間コースに参加している5Dの研修会に参加してきました。

2012年4月から始まったこのコースも今回で最終回になります。

今回のコースの実習では、豚の下アゴを使っての歯周の移植の手術の実習を行いました。

又講義では、講師の先生方がそれぞれご自分のケースを通じてのポイントを、今までの復習もかねて解説して下さいました。

それぞれ素晴らしい臨床家の先生方ですので、どの先生の講義も勉強になりました。

又術後の経過を長く見せていただくことで、自分のこれからの予後の予測の参考にもなりましたし、総合治療計画などもとても大切なことですので、とても参考になりました。

終了式ではサティフィケートもいただきました。

5D.jpg

とても学びになった1年間でした。

1年間学んだことをこれから生かして実践し、当院にいらっしゃる患者様にとっての治療結果が良いものになるようにしていきたいと思います。


☆☆☆☆☆

2013/02/01
歯周病治療 院内ドクター研修会

1月27日に今まで継続して行なっている院内ドクターの歯周病治療の研修会が、講師の山田先生の診療室で行われました。

今回はブラッシングについての実習がありました。

ブラッシング指導は普段、歯科衛生士のスタッフに行なってもらっていますが、ドクターもしっかり学ぼうとのことで久しぶりにブラッシング後に染め出しも行なって自分の評価も行いました。

患者様にはクリーニングの際に、ブラッシングの状況を毎回説明させていただいておりますが、自分達で行なってみると、ブラッシングの大変さや、大切さ、ポイントなどが改めて良くわかりました。

実習後にはドクターそれぞれのケースプレゼンテーションを行い、ディスカッションを行いました。

これからも継続して実習やプレゼンを行い、ドクター全員のレベルアップを図っていきたいと思います。

y1.jpg

☆☆☆☆☆

2013/01/28
矯正&かみ合わせ

1月23日に静岡の矯正専門医である若尾先生の所に行ってきました。

若尾先生と私は北海道大学の同期です。

学生時代から真面目で勉強熱心でありましたが、お正月に札幌で会った際に今もすごく考えて診療されていることが分かり、是非伺いたいと思っていました。

診療室では患者さんをテキパキ診療されていました。

又、お昼から午後にかけては、色々な矯正のケースを見せていただきました。

ケースの説明では、当院でも口腔内写真を撮らせていただいておりますが、きちんと記録をとっておられ、術前から術後の状態をとてもわかり易く説明していただきました。

当院には矯正専門医の小宮先生に来ていただいていますが、当院で行なっていない材料や治療方法もあり、とても参考になりました。

又、矯正でも必要なケースは顎運動といって、あごの動きを記録する機器を使うのですが、当院にないその装置のデモもしてくれました。

w1.jpg

とても勉強になる1日でした。

当院でも更に矯正治療や、かみ合わせについてレベルを上げて行きたいと思います。


☆☆☆☆☆

2012/12/10
日本包括歯科臨床学会

日本包括歯科臨床学会

12月8日9日と2日間にわたって、以前セミナーを受講した研修会の団体が、この度学会として立ち上がった記念講演会に参加してきました。

H.jpg

この会の独特の考え方として、咬合療法という考え方があります。

歯を削ったりかぶせたりするだけでなく、悪くなってしまう原因を考えて診断しながら治療していくという方法です。

九州の筒井先生ご夫妻が中心になって始まったこの会ですが、影響を受けた多くの先生方が集まって今では大きな会となっているのです。

会員の先生のケースプレゼンテーションを見させていただきましたが、どの先生方も素晴らしい発表で、すごく自分の臨床の参考になりました。

今回学んだことや、これから更に多くの情報を生かしながら、日々の患者様の臨床に生かして生きたいと思いました。

☆☆☆☆☆

2012/12/09
Drサーシャとの再会

再会

12月8日の夜に2年前に参加したUCLAのインプラントマスタープログラムでメイン講師としてお世話になったDrサーシャが講演の為来日された為、2年前のメンバー数名とDrサーシャに会う機会をいただきました。

Drサーシャは日本に到着して早速大江戸温泉に行ってきたとのことでしたが、夜に一緒にお酒を交えて食事を頂きました。

Drサーシャはお酒も強いのですが、日本食も結構何でも食べていまして、酢の物まで好物とのことでびっくりしました。

子供さんのことや、今後のセミナーで来日することまでお話しが聞けて嬉しかったです。

今度は又セミナーにて、インプラントのことを中心に色々と学びたいと思いました。

S.JPG


☆☆☆☆☆

2012/12/01
西菅小学校 歯ブラシ教室

西菅小学校 歯ブラシ教室

11月29日に昨年に引き続いて、私が学校医である西菅小学校にスタッフと一緒に歯ブラシ指導に行ってきました。

今回も3年生の授業の1時間をいただいて行いました。

DSCF3095.JPG

まず大まかに歯や、虫歯についての説明の後に、当院の歯科衛生士が大きいお口の歯の模型を使って歯ブラシの正しい仕方を説明しました。

DSCF3098.JPG

そして、赤い染め出し薬を使って歯の歯垢(プラーク)を染め出しました。

昔自分も小学校の時に行なった経験があるのですが、初めてやると皆びっくりしたり、喜んだり、にぎやかになります。

鏡で赤くなっているところを確認し、学校の先生が用意して下さった歯の絵の用紙に赤鉛筆で塗っていきます。

奥歯の溝や前歯でも根元の付け根などが染まっていることが多いです。

そこを今度は持ってきた歯ブラシで落とすように磨いていきます。

結構繰り返さないとすぐには落ちない汚れもあることが分かってもらえたようです。

最後に皆からいろんな質問をもらって答えました。

DSCF3110.JPG

中々説明するのに説明しにくい質問もあって答えるのに長くなってしまい、後からもっとわかり易く説明すれば良かったと反省するものもありましたが、楽しく授業が出来たと思います。

少しでも歯に関心を持ってもらい、小学生であっても自分の歯は自分で大切にし、長く使ってもらえるようにしてもらいたいと思いました。

又来年も機会があれば是非継続していきたいと思いました。

☆☆☆☆☆

月別アーカイブ

カテゴリ